2019年11月17日

プレゼントはプレゼンスがあるからこそ

IMG_9613.jpg
小学校の全校保護者会がありました。

1学年1クラスの学校なので、全学年が集まる保護者会が学期ごとに一回あります。

全校保護者会では、毎回 外からの講演者をお呼びしています。
今回は、シスターでした。
長崎出身、隠れキリシタンの子孫、カトリック小学校の教師もしていたお方でした。

シスターなので、聖書と子育ての関係のお話です。

聖書を理解していない私なので、全部が心に響くとはなかったのですが、、、

シスターからの言葉からの「他者の存在(プレゼンス)が、自分にとってのプレゼントになります。」

人は1人では命は育たない。他者との出会い、かわかわり、交流で命は育ち、本当の自分を見つけていく。

1人ぼった好きな私には、痛いお言葉でしたが 他者がいるからこそ、自分の存在がある。
その他者から 素敵なプレゼントを用意してくれて自分を素敵にさせていく。。。

私も素敵なプレゼントを渡せるようになれたらいいな。

私の母ぐらいの年齢のシスター
物腰が静かさのなかに柔らかさもあり、そして優しさで包み込んでいく強い意思も持っているようにお見受けしました。

こうしてシスターの話を聞けるのもプレゼント。
こんな私と会ってくれる友人達も素敵なプレゼントがたくさん。
もちろん、家族になったボクやオットはなにより1番のプレゼント。

プレゼントはプレゼンス(存在)があるからこそなのですね。
posted by みんみん at 06:05| Comment(0) | 月子の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: