2019年07月03日

ゆるされているのを忘れないように

IMG_8779.jpg
ボクは穏やかな性格で、怒りに身を任せることがほとんどないのですが、
あまりにものんびりマイペースだからついつい私が思いやりのない態度や言葉を浴びせてしまい、「許す」「許さない」とのやりとりが、、、

そして「許そう」は、時に上から目線のような行いに思えたり、条件付きであったりと なかなか難しい行為のように思えてしまう、、、

許されたことを忘れていなかったら相手に厳しい態度はとらないはず。
自分にとっていわれのない不利益な言葉が降りかかって来た時、「許さない」「許す」と相手を非難するのではなく、自分が今まで数えきれないくらい許されて来ていることを思い出して、寛大な気持ちになれたらと思うのに、言うは易し、行うは難しです。

特に身近な人との関係だと。。。

許されてきていることを忘れないようにしよう!

ボクじゃなくママのための言葉でした。
posted by みんみん at 06:06| Comment(0) | 月子の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: