2019年01月21日

味わいながら

IMG_7621.jpg
ボクの国語の授業が新美南吉さんの「ごんぎつね」になりました。

北の賢治、南の南吉
と宮沢賢治と比較されるようですね。

私は宮沢賢治は苦手。難しい。。。
独特の宗教観、宇宙観で人を客体化している。
新美南吉は、自分のまわりの生活の中から拾い上げた素朴な感じの味わい深い感じが好き。

低学年でも教科書に載っていた「手ぶくろを買いに」も大好きなお話。

若くして病気で亡くなって、作品数は少ないですが
心の通い合いと信頼や良心について考えさせられる名作ばかり。

またこうして、大人に(おばちゃんに!)なってからもこのような本に触れられることに心が嬉しく思えます^ ^
posted by みんみん at 04:43| Comment(0) | 月子の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: