2018年09月07日

親子でなしとげる先は、、、

IMG_6838.JPG
ボクの学校の夏休み作品展に行ってきました。

写真は1年生の作品です。
だいたい学年でお題が決まっていて、これは「たのしいお家作り」
作品の完成度の高さをみればわかりますが、ボクの学校は 「親子で一緒に楽しもう!」です。

親子で取り組むから 作品通じてその家庭の背景が垣間見れるのも楽しみ。。。

子供の意思を尊重して子供中心で作る
親子でまず入念に調べて準備してから作る
親が楽しんでしまい子供おきざりにして作る

我が家は 子供おきざりにして親(父)が作りあげてしまうダメダメタイプ、、、
私は どんなに下手でも子供中心で作りあげたらと思うのに、完璧に仕上げたいオットなので、肝心な所を大人が仕上げてしまい子供はいつも置き去り、、、出来上がりは素晴らしいが 子供の楽しさが伝わらない作品になっている気がする私、、、

私の願いは、親子が同じ気持ちでなしとげて欲しい!

いつも夏休み工作は、複雑な気持ちになってしまいますが、親子でなしとげることが出来るのは小学生の時ぐらいかもだから 2人が協力し合って完成してくれれば良しかな^ ^

なにせ、私担当の自由研究は失敗ありの(笑)完璧な研究結果になっていませんから!
完璧主義のオットは怒りを抑えていますから(笑)
posted by みんみん at 13:53| Comment(0) | 月子の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする