2018年06月10日

着物コーデ

IMG_6079.JPG
ランチの時の着物コーデ。


6月9月は単(ひとえ)。
いわゆる着物に裏地がついていないものです。

ほとんど、母の見立てなので 私の好みなんて反映されずですが この着物はお気に入り。
母のお下がりかな〜と思っていたら、B級品の反物でした、、、染めムラがあるそうですがわからないよ!

帯は子供が生まれる前に自分で購入したもの。
松江在住の染色作家さんのです。
なかなか締める機会がなくて、やっとお披露目できましたが、すご〜く柔らかい生地で手こずりました(笑)
帯揚げは、私の好きな京都の小物屋さんのもの。持っている髪飾りもこのお店のものに統一してます。
あっ!このバッグも小物屋さんのとこだ!

私は中学卒業したら舞妓になる!と本気で考えていました。
子供の頃から茶道を習い、機会があって京都の八坂神社の献茶式に先生と出席が出来て、本物の舞妓さんに会って感動しちゃいました。
そして、先生の紹介で先生のご近所さんの日本舞踊にも習うことが出来て、大人からは「舞妓さんになれるね〜」と言われて大人の残酷なその場かぎりの発言にその気になってしまいました私でした。
舞妓になんてなれない現実を知り、せめてなれないなら舞妓さんが持っているバッグが欲しいとねだったのがコレ。
底が籠になっていて、長細いのは 踊り用の扇子が入るためのようです。

もうこんなおばちゃんになり持つには、若すぎるかもですが 、やっぱり持ちたい時は これからも持っていこう!

着物コーデは、ストーリー性ができるから コーデを考える時が一番楽しいデス♡
posted by みんみん at 07:34| Comment(0) | 月子の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする