2018年06月09日

受け継がれる

IMG_6074.JPG
年上友人のお姉さまたちとランチして来ました。


ボクが生まれる前から、三人でよく集まっていたので10年以上のお付き合いとなります。

最近のお姉さまたちは、お着物が着れるようになり お集まりの時はお着物となりました。
私も 子育てしてから すっかり着物離れしていたし、やはり着物は大好きなので嬉しいお集まりデス。

ランチの場所は、横浜の海が見える場所で。
イタリアンフルコース。
オマールエビのパスタが美味しかった♡

お姉さまたちのお着物は、お茶をしていたお母様の着物を譲り受けたもの。お洒落な着物好きのお母様が娘のために仕立ててくれたものです。

皆、うけ継がれた大事な着物を丁寧に着ています。

きちんと丁寧に着付けすると 年代ものの着物でも綺麗ですし(そもそも良い品ですから)自分にしっくりと馴染んで素敵な着こなしになります。
なによりも大事にしているのが伝わります!

時々、お見かけする残念な着付けしているお方がいますが、身につけているものが高価なものでも生かされていなくて悲しい気持ちになります。

私の着物は、母の実家が呉服屋だったから その売れ残りのもの、、、いわゆるB級品ものもです、、、
そして背の高い私は、祖母や母の着物は着れないのでコートに仕立て直したり、帯もほとんど母が祖母に譲られたものだから3世代が使っているもの。
どれも高価なものなんてひとつもないのですが、受けた継がれたものって命があるのか、凄く馴染みやすいし安心感があります。
そして、やはり私の似合うものを仕立てくれているから好きな着物だらけです。

これからもお着物でお姉さまたちとお会いする機会がいつまでも続けていきたいデス。

この日は、真夏のような暑い日になりで、まだ着付け初心者のお姉さまは汗が出る〜と嘆いていましたが、だんだん涼しげに着れるようになりますよ!
posted by みんみん at 05:43| Comment(0) | 月子の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする