2018年05月20日

凡人でよかった

IMG_5683.JPG
鎌倉に行った時、古民家風のイタリアンのお店のお庭に こんな可愛い松ぼっくりがぶら下がっていて微笑ましかったデス。


アマゾンプライムに入っているので、ドラマ、映画、アニメ見放題で、私の自由時間はアマゾン様に首ったけデス。

この数週間はアニメ漬けだったので(笑)映画にチェンジ!
観たのは「イブ サンローラン」
立ち読み雑誌で気になっていた映画でした。

「シャネル」「ディオール」「サンローラン」
後に才能豊かなデザイナーがたくさんいますが、私の中では1番好きなデザイナーたち。
時代が変わっても色褪せない。
とくに、イブの繊細な容姿や品のある立ち姿は忘れられません。

映画は、イブにとって 公私共に生涯のパートナーであったピエール ベルジェの視点て描かれています。激しいストーリーではないのですが、心を大きく揺さぶりさせられました。
イブの繊細な容姿と内気な性格が、その人生を哀しいほど 響きあって、イブ自身を写し出しているようなもの哀しい音楽も美しくて。
イブそのものが、芸術品のようでした。

そして シミジミ思ってしまいました。

「凡人でよかった」

特別な審美眼や才能を神さまに持たされた者は、苦しみも背負う運命を持たされてしまうのかもと。。。

映画は、本物のオートクチュール作品や、生前のアパートメント、別荘など登場して とにかく美しい映画でした。
posted by みんみん at 06:49| Comment(0) | 月子の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする