2017年12月09日

小さな恋人より

IMG_4722.JPG
朝、一緒に登校してくれるボクの大好きな先生のおうちのワンちゃんが天国に行ってしまいました。

お会いするたびに、先生は毎日泣いています!

ボクが励ましたら また泣いちゃう!

泣いちゃう先生に背中をポンポンするボク。
ボクは小さな恋人のよう♡

ボクは先生にお手紙を書く!と。

私は、、、
以前、初めての飼い猫を亡くした時に、歳下の友人が可愛くラッピングした箱に、私の大好きな焼き菓子をたくさん詰めて届けてくれました。
丁寧にお茶を入れて食べるたびに、気持ちが甘くなりながら悲しい涙より嬉しい涙に変わりながら食べていたことを思い出して、、、

先生にもお届けしよう!

丁寧にお茶を入れて、甘いお菓子を口に入れて 気持ちが安らいでくれたらいいな。

小さな恋人は、先生に渡そうとしていたクリスマスカードにびっちりと励ましの言葉を書いていました。

「先生のおうちにハリー君はいるんだよ」

きっとそうだよね♡
posted by みんみん at 04:59| Comment(0) | 月子の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする